non

ゴルディアスの結び目

 

wiki_ゴルディアスの結び目

ゴルディアスの結び目(ゴルディアスのむすびめ)またはゴルディオンの結び目(英: Gordian Knot)は、フリギアのゴルディオンにおけるアレクサンドロス3世にまつわる伝説である。手に負えない問題を、誰も思いつかなかった大胆な一撃で解決することのメタファー(「ゴルディアスの結び目を断ち切る」)として使われることが多い。
小松左京の短編小説「ゴルディアスの結び目」は、「憑きもの」にまつわる超常現象を描いた作品であり、表題は「ときほぐせない問題」のメタファーである。