読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non

審神者(さにわ)

審神者(さにわ)とは、古代の神道の祭祀において神託を受け、神意を解釈して伝える者のことである。後には祭祀の際に琴を弾く者を指すようにもなった。 「さにわ」(歴史的仮名遣いでは「さには」)は、元は「清庭」(さやにわ)の意味で、神を祭り神託を受けるために忌み清めた庭(場所)のことを指したとする説が有力である。『古事記』の仲哀天皇の段に、天皇が琴を弾き、武内宿禰が沙庭(さにわ)に居て神の命を請うたという記述がある。ここで沙庭は場所の意味であるが、武内宿禰審神者を務めたということになる。その後の記述では、神が神功皇后に乗り移り、神託を述べている。 『日本書紀』の神功皇后9年3月には、皇后が自ら神主となり、武内宿禰に琴を弾かせ、中臣烏賊津使主を審神者としたと記されている。 後に、神楽で琴を弾く者のことを「さにわ」と称するようになった。平安時代の『政事要略』に「今琴弾之者を以て佐爾波(さにわ)と云、偏に以て神遊に供奉す」とある。 近現代の新宗教教団においては、人についた神や霊の正体を明かしたり、その発言の正邪を判断したりする者のことを審神者と称している。

 

関連項目 朝霧の巫女

カテゴリ: 神道

 

この世が嫌いなら二度とあの世から出てくるな

この世が嫌いなら二度とあの世から出てくるな(攻殻機動隊草薙素子

 

世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。それも嫌なら…攻殻機動隊草薙素子

 

発作を起こしたようにはためく

ポスターは隅がちぎれて、風に吹かれて発作を起こしたようにはためいている。

(1984/ジョージ・オーウェル

 

 

 

「Jim & Jane」戦法

単語羅列系 

………………………………………………………………………………


千昌夫 北国の春 1977 - YouTube

 

白樺 青空 南風

雪どけ せせらぎ 丸木橋

山吹 朝霧 水車小屋

 

楽曲:北国の春

歌手:千昌夫

作詞:いではく

 

………………………………………………………………………………


The Checkers - Jim & Jane の伝説 - YouTube

Oh clash night 三日月の Highway

Oh white rose 壊れたGuard rail

 

Weekend たまり場のBurgarshop

Block bank スプレイの I love you

 

楽曲:Jim & Jane の伝説

歌手:チェッカーズ

作詞:藤井郁弥

<ソリューション型>と<モア・ベター型>

あなたの商品は何を満たすのか? もっとも強い欲望と結びつけるコピーライティング

商品を<機能>から大きく分けると2つのタイプがある。マイナスをプラスにする<ソリューション型>と、ゼロからプラスに、あるいはプラスをさらに広げたり、高めたりする<モア・ベター型>である。(名称は自分がそう呼んでいるだけで一般的ではないですが)

 <ソリューション型>の商品は、不便、不安、不快、不満といったマイナス状態の「不」を取り除くのが特徴だ。たとえば薬品、健康食品やアンチエイジング化粧品が代表的だろう。

 <モア・ベター型>の商品は、無くても不便ではないがあると便利にしたり、快適をもっと快適にするのが特徴で、今の世では大半の商品がこのタイプだ。また、<ソリューション型>と<モア・ベター型>両方の機能を持っている商品もある。

 

<ソリューション型>を必要としている人は、問題を解決したいという欲望を自覚していることが多いため、キャッチフレーズやボディコピーの内容も思いつきやすい。しかし、<モア・ベター型>となるとそうシンプルに行かない場合もある。

 

  そんな時は今一度、人の欲望に注目しよう。テクノロジーが進化しようとも、生活習慣が変わろうとも、価値観が多様化しようとも、新しいアドテクやマーケティングが出現しようとも、人類誕生以来、人の欲望はあまり変わっていないように思える。

 

 ■Webコピーライティングに使える普遍的人間の欲望

  • 健康(より健康、より美しく、ダイエット、アンチエイジングなど)
  • お金(資産形成、コスト、節約など)
  • 安心(品質、暮らし、老後、トラブル、日常のリスク、災害など)
  • 成功(仕事、ステータスなど)
  • 注目(差別化、人気、恋愛など)
  • 楽をしたい(心理、労力、時間など)
  • 喜び(娯楽、快適、コミュニケーション、成長など)

 

季語・慣用句

多生の縁

この世に生まれ出るまで、何度も生死を繰り返している間に結ばれた因縁。前世で結ばれた縁。「袖振り合うも―」。「他生の縁」とも書く。

 

頑是無い

1 まだ幼くて物の道理がよくわからないさま。「―・い子供でもこのくらいのことはわかる」

2 あどけないさま。無邪気だ。「まだ―・い顔をしている」

[派生]がんぜなげ[形動]がんぜなさ[名]

 

一刻者

いっこく‐もの 【一刻者/一国者】頑固で自分を曲げない人。一徹者。

 

八十八夜

雑節の一。立春から88日目で、5月2日ごろにあたる。このころから農家は種まき・茶摘み・養蚕などに忙しい時期となる。《季 春》「霜なくて曇る―かな/子規」

 

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)

《「楚辞」9章から》熱い吸い物を飲んでやけどをしたのにこりて、冷たいなますも吹いてさますという意。前の失敗にこりて必要以上の用心をすることのたとえ。「熱い物に懲りて膾を吹く」ではない。

 

◆ 夜郎自大(やろうじだい)

[名・形動]《「史記」西南夷伝にみえる話で、昔、夜郎が漢の強大さを知らずに自分の勢力を誇ったところから》自分の力量を知らずにいばること。また、そのさま。夜郎大。「―な振る舞い」。「野郎自大」と書くのは誤り。

 

序数

  • 挺(チョウ) [接尾]助数詞。 1 銃・槍(やり)・鋤(すき)・鍬(くわ)・艪(ろ)・ろうそく・墨・三味線など、細長い物を数えるのに用いる。 2 輿(こし)・駕籠(かご)・人力車など、乗り物を数えるのに用いる。 3 酒・醤油などの樽を数えるのに用いる。※三味線は棹(サオ)とも数える
  • 把(ワ) [接尾]助数詞。そば、そうめんなど束ねたものを数えるのに用いる。「まき五―」「ホウレンソウ一―」

 

四字熟語

 

権勢症候群(アルファシンドローム)

権勢症候群(アルファシンドローム)

家族の中で、犬が自分が一番偉く、自分以外の人は自分以下であると勘違いしている状態のこと

ゴルディアスの結び目

 

wiki_ゴルディアスの結び目

ゴルディアスの結び目(ゴルディアスのむすびめ)またはゴルディオンの結び目(英: Gordian Knot)は、フリギアのゴルディオンにおけるアレクサンドロス3世にまつわる伝説である。手に負えない問題を、誰も思いつかなかった大胆な一撃で解決することのメタファー(「ゴルディアスの結び目を断ち切る」)として使われることが多い。
小松左京の短編小説「ゴルディアスの結び目」は、「憑きもの」にまつわる超常現象を描いた作品であり、表題は「ときほぐせない問題」のメタファーである。